ファションにおける素材特集~春夏秋冬、その季節に合った素材とは?~

タグ: , , , ,

こんにちは、ライターの中村です。

相変わらず暑い日々が続いてますね...もはや何を着ても暑いです。

どんな素材の短パン・Tシャツでも汗をかきます。

でもだからと言って、この時期にウールのものを着ていたら熱中症になりかねませんね(汗

ファッションにおいて素材とは、季節で使い分ける必要があります。

どんな素材がどんな機能を持っているか。 どんな素材がいつの季節に使われるか。

これらを押さえることによって、より季節に合ったコーディネートを組むことが出来ます。

今回は身近にある様々な素材について一覧にして、解説したいと思います。  

 

 

◆ツイード

スコットランド産羊毛を毛染めして手織りにしたものの総称です。

ざっくりとした素材で目が粗く、厚手の生地です。

主にジャケット、コート、パンツに使われます。

厚手なので暖かいですし、耐久性が高く、長く着られるのも特徴です。

重さも比較的軽いので、高齢の方にも負担にはなりにくいものとなっております。

主に秋から冬にかけて使用されることが多いです。夏に着るのはありえません笑 ツイード楽天  

 

◆スウェット

運動時に使われることが多く、伸縮性・吸湿性に長けています

吸湿性に優れていることから、英語で汗という意味のスウェットという名が付けられました。

主にパーカ、パンツ、トレーナーなどに使われています。

少し厚めの生地なので、夏に着るのは厳しいですが、

秋にはスウェット1枚でも着ることができますし、冬にはインナーとしても活躍します。 スウェットauショッピングモール  

 

◆リネン

亜麻の繊維を原料とした織物の総称です。

薄地、肌触りが良い、吸湿性が高いという点から、夏によく使われます

また、光沢があり、薄手の割にさらりとし丈夫というのも特徴です。

素地の色は白か淡い黄色が多く、シャツやパンツなどによく使われます。   リネンEDIFICE 

 

 

◆シャンブレー

縦横に色の違う糸を混ぜて作られる織物。

高密度に平織りされているので薄手なのに丈夫なのが特徴。

見た目はデニムやジーンズに近いものが多いが、機能性は全く違います。

薄手なので夏でも1枚でさらっと着ることができます。

シャンブレー楽天 

 

◆コーデュロイ

綿横ビロード織りした織物の素材のことです。

ビロードなので毛羽が立っていて、外から触っても暖かさを感じられます。

縦うねが特徴で、保湿効果が高く、冬によく使われます

寒くなってくる秋にはちょうど良く、秋っぽさ演出するのにも使えます コーデュロイWater

 

◆メッシュ

透けていて、細かい穴があいている素材です。

バスケの選手が身につけていそうな雰囲気があり、1枚でスポーティを演出できます。

耐久撥水が良く、乾きやすいのが特徴で、主に夏に着ます

最近では、その機能性の面よりも、

トレンドとなっているスポーティスタイルを取り入れるのに使われることが多いですね。 メッシュRound    

 

◆デニム

縦糸をインディゴによって染色し、横糸を染色していない糸で綾織りにした素材の総称です。

よくデニムとジーンズの違いがわからないという人もいますが、デニムとは素材の名前です。

デニムは基本的にオールシーズン使えますが、夏は少し暑いかもしれません。

また、機能性の話ではないですが、男らしい印象を与えるといった特徴もあります。 デニムCambio

 

以上、身近で知っておくと良いものをピックアップして解説してみました。

冒頭にも書きましたが、素材について理解することはファッション上級者への近道の一つです。

ぜひここで押さえてしまってください!

Pocket