ジャケットが似合わない人の特徴と対処法とは?【メンズ】

タグ: , , , ,

ジャケットが似合わない方必見!

「フォーマルに キメたい」と思っていざジャケットを着てみたものの、どこか身の丈にあっていなくて似合わない、なんて気になってジャケットコーディネートを諦めた方はいらっしゃいませんか?

今回はそんな方のために、ジャケットが似合わない原因と代わりに着るべきおすすめのアイテムを紹介いたします!

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

ジャケットが似合わない人の特徴

先ほどは似合う人・似合わない人がいると言いましたが、実は違います。基本的にジャケットはどんな人でも着ることができるのですが、着こなし方やジャケットの選び方に問題あるのです。

では、自分に似合うジャケットとはどのようなものなのでしょうか?

 

●ガタイが良い人のジャケットの選び方

ガタイがいい人は肩幅の広いテーラードジャケットジャケットなどを選ぶとよいでしょう。細身のものを選んでしまうとパツパツになってしまいとても窮屈で無理しているように見えてしまい、また着心地も最悪なので気をつけましょう。

ジャケットを選ぶ際には特に海外のブランド( Brooks Brothersなど)は肩幅が広めに作られているものが多いのでジャケットを買うブランドを意識的に変えるだけでもだいぶ自分にぴったりなジャケットと出会える確率は上がりますよ。

またガタイのいい人は基本的に細身のシルエットの着こなしは似合わないので、太めのデニムパンツなどと合わせてAラインシルエットの男らしい着こなしをするのがよいでしょう。

ワイドなデニムパンツなどを合わせるとカジュアルで男らしい印象になります。

 

●細身の人のジャケットの選び方

逆に細身の体型の人はタイトなシルエットのものを選びましょう。

肩幅が広すぎるものを選んでしまうと方の肩や袖が余ってしまいジャケットが浮いて見えるので注意です。

タイトなジャケットを選ぶ際にはトップスは ボトムスは太めのものを選びAラインにしてもよいですし、同じようなサイズ感のものを選んでIラインに着こなしてもおしゃれに着こなせるはずです。

 

●ファッションセンス に自信が無い人のジャケットの選び方

シンプルに着こなせるジャケットですがどうしてもおしゃれに自身がなくて手がだしづらい、という方も多いかと思います。

そんな方はとことんシンプルに着こなせば基本的には問題ないので無地アイテムを中心にチャレンジしてみてください♪

特にとりれやすいのが黒のテーラードジャケットです。

少しフォーマルな 印象ですが無地のTシャツの上に羽織ればある程度おしゃれな印象は出すことができるので取り入れやすいですよ♪

 

 

ジャケットの代わりに着たいアウター

「それでもどうしてもジャケットが似合わない!」という方のために、ジャケットの代わりに着たい、コーディネートしやすいアウター を紹介します。

 

●ショールカラーカーディガン

襟がついていて上品ながら、カジュアルにも着やすいのがショールカラーカーディガン。

首・肩周りにボリュームがあるので肩幅がある人でもカバーしてくれますし、ゆったりと大きめのものを選べば華奢な人でも綺麗なシルエットで着ることができますよ。

 

●MA-1ジャケット

テーラードジャケットなどよりもカジュアルなのがMA-1ジャケット。

首回りや全体のシルエットが丸めなので人を選ばず着ることができます。

 

いかがでしたか?今回はジャケットの似合わない人の対策法と代替案をご紹介しました。難しいように思えますが、色や系統だけ気をつければ幅広いコーディネートに対応できるアイテムです。

とはいえ、自分でコーディネートを考えるのは結構な手間だったりしますよね。

ベストスタイルミーは、手持ちの服をカメラ撮影するだけで、スタイリストが毎日コーディネートを提案してくれるアプリです。もちろんすべて無料です!

Pocket