ジャケットとシャツを使った着こなし【メンズ・コーディネート】

ジャケットにシャツを合わせる着こなしのポイントとは?

今回は、ジャケットにシャツを合わせる着こなしについてご紹介します。

シャツとジャケットといえば、最も基本的なコーディネートでもあり、フォーマルな印象が強いと思います。

金婚葬祭はスーツという慣わしにも見られるように、ジャケット×シャツをカジュアルとして着るとなると、アイテム選びや崩し方が重要となってきます。

今回はデイリーユースやオフィスカジュアルに着崩すテクニックをまとめてみました。

 

 

 

ジャケット×シャツコーディネートを着崩すテクニック

まず重要なのがアイテム選びからですが、洋服の青山などで売っているスーツ用のものはなるべく避けることです。

色や形が同じだからといって使ってしまうとアンバランスになってしまいます。

きちんとカジュアルスタイルを提案するショップで購入しましょう。

 

①シャツを柄物にする

シャツの柄はなるべくカジュアル感のあるもの、もしくは暗めのものを選びましょう。

白地にネイビーなどのブロックチェックだと、フォーマルなウェアでもあるので気を付けたい点です。

ジャケットとシャツを使った着こなし【メンズ・コーディネート】

ジャケットの色はなるべく黒やネイビーなどは避けるか、もしくはパンツをカジュアルにするかです。

 

ジャケットとシャツを使った着こなし【メンズ・コーディネート】

 

②カジュアルなパンツを合わせる

やはりカジュアルさを取り入れるならデニムパンツでしょう。ただしここでのポイントとしては、デニムパンツは濃色のネイビーなどのプレーンなデザインを選ぶことで、ジャケットとの相性も考えて合わせるということです。シルエットもダボッとしたものではなく、テーパードが利いた細身のものだと、なお良いです。

 

ジャケットとシャツを使った着こなし【メンズ・コーディネート】

ジャケットあるいはシャツで柄を取り入れるのもまたオシャレに見えるポイントです。

 

ジャケットとシャツを使った着こなし【メンズ・コーディネート】

ロールアップをすることでノッペリとしがちなデニムの印象を、スッキリ見せているのもポイントです。カジュアルなコーディネートと言えど、あくまでバランスが大切です。

 

いかがでしたか?今回はジャケットとシャツを合わせる着こなしについてご紹介しました。ポイントを押さえれば、日常でも気軽に着られるかと思います。シチュエーションに合わせて小物を用意しておくのもいいかもしれません。

とはいえ、自分でコーディネートを考えるのは結構な手間だったりしますよね。

ベストスタイルミーは、手持ちの服をカメラ撮影するだけで、スタイリストが毎日コーディネートを提案してくれるアプリです。もちろんすべて無料です!

Pocket